TOMOS いろいろトラブる

TOMOSというのは自転車のようにペダルが付いているバイク、わたしの愛車です。自慢ではありませんがヨーロッパ車です。ペダルは見た目通りに動作します。ガソリンが無くなってもペダルをこげば進めます。ですがギア比の関係で必死でこいでも、降りて押したほうが速かったりします。実用性はありません。しかもエンジンを搭載しているので、自転車として扱われません。エンジンをかけていなくてもバイクです。ガソリンが空っぽでペダルをキコキコしているだけでも法令上ヘルメット必須です。
さらに言うと混合給油です。給油のたびに給油量の2%のオイルを自分で計量してガソリンタンクに入れなくてはいけません。草刈り機並みの機構です。混雑しているガソリンスタンドでは結構迷惑です。入れるオイルは当然いつも持ち運んでいます。オイルを入れる儀式を忘れるとエンジンが焼きついて廃車になります。
エンジンは馬力がありません。無さすぎます。きつい上り坂ではエンジンが『もぅ、だめ』と簡単に音を上げます。平地ではそこそこのスピードが出ますが、他車に勝負を仕掛けようという気にはなりません。絶対負けます。

…と、ほめるところが極端に少ないバイクなのですが、見た目がかわいいのです。とてもかわいい。国産のスクーターって個性がなさ過ぎてどれも同じに見えますし、ホンダのCUBという路線だと実用車過ぎてデザインが気に入りません。わたしの中で『かわいい』は重要な評価基準なのです。

で、そのTOMOSなのですが、いろいろトラブってきました。とりあえずヘッドライトが切れました。先日夜中に細い山道を走ったのですが、ロービーム側が光らないのに気がつきました。乗車前の点検では点いていたんだけど…。ハイビーム側も切れたらどうしようかと冷や汗ものでしたが、これは早急に手を打たなくてはいけない。じつはテールライトも怪しいので、ライト関係を交換。これは自分でやりました。テールランプはLED球にしました。その分の電力供給に余裕が出たのか、ヘッドライトが以前より明るくなった気がします。それとテールホルダーが割れていたのもみっともないのでこれも交換しました。この交換が結構面倒。でも2回目なので以前より余裕ありました。部品はuncle-katsuさんで調達しました。いつも素早い発送で助かります。

あとはマフラーが詰まりました。2ストロークエンジンなのでマフラーが詰まるのは避けられません。基本的に詰まれば交換しか手がないので2スト税のようなものと考えるしかないのですが、安い部品ではないのでちょっと躊躇してしまいます。ようするにマフラーのなかで炭化したものがこびりついているのですが、ケミカル的に何とかならないかと、パーツクリーナーの類を中に入れてシャカシャカ振ってみました。たしかにありえない黒くてどろっとしたものが出てきましたけれど、一時しのぎにもならない様子(二日間ぐらいはそれで問題なく走れるんだよなぁ…)。
バイク店に相談したところ、完全復活は無理だけれど掃除してみようか?と言ってくれたので、今日預けてきました。ワイヤーのようなものを中に入れてぐりぐりかき回すのだそうです。10,000km走行で一度マフラーを交換しているので、20,000kmまではなんとか持たせたいところです。今は15,000kmぐらい。

まぁそんな面倒なバイクに乗るなよという話なのですが『かわいいは正義』なのでいたしかたないのです。本当に、手のかかる子ほどかわいい。

カテゴリー: TOMOS タグ: パーマリンク

TOMOS いろいろトラブる への3件のフィードバック

  1. kaz のコメント:

    確かに手のかかる子ほど可愛いです。
    私の子は日本生まれの日本育ち、種も畑も日本ですが
    何せ20数年前に生まれた子。

    天下のホンダといえども、もう部品はありません。
    元々生産台数も少ないため、難儀しています。

    そもそも購入した時点で生産中止品。
    工場在庫品でした。

    でも、tomos君に較べれば、まだましと思うのは何故?(笑

  2. まったりな のコメント:

    少なくともパーツ供給に関しては潤沢ですね。
    というわけでTOMOSの勝ち。
    (他に勝てる部分がないんですが… ;)

  3. kaz のコメント:

    はい。
    TOMOS君の勝ちで良いです。認めます。

    最近乗っていないから、雪が降る前に練習線とあかんです。
    雪が降ると乗りたくなるから・・・。(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">