祇園祭 宵々々山 7月14日 その2

旬を外してしまうと掲載しにくい写真なので一気に。

わたしの祇園祭 宵山の楽しみといえば、特にあてもなく歩くことと、途中でうまそうなものを見つけることなので、祇園祭と真摯に向き合っているわけでもなく、アートマニア的な見方もしていません。ぶらぶら歩くのが面白いのです。余談ですが、飲んだビールはプレミアムモルツと、ハイネケンと、ヒューガルデンホワイトでした。ワインと地ビールの類はあえて避けたのでこの程度。酔っ払いの散策です。ありきたりの出店が多いのですが、探せばベルギービール(ヒューガルデンホワイト)も飲めるよ。

こうやってあちらこちらに、飾り物があります。

蟷螂山の提灯。蟷螂(カマキリ)のデザインが可愛い。
ここはグッズも早く売りきれるので、欲しい人は早めに行ったほうがいいです。
蟷螂がおみくじを引いてくれるコーナーは長蛇の列。

こういう馬鹿な出店も増えました。八坂神社の紋(祇園祭は八坂神社の祭礼)と、キュウリの断面が似ていることから、7月の1ヶ月間、キュウリを食べないという京都のしきたりがあるんです。言語道断、バカ者め。昨今では、厳密に食べないかというとそうでもないんですが、でもこうやっておおっぴらに食べることにはかなり抵抗があります。それぐらいは勉強してから店を出せ。

追記:宵々山という言い方は変だねと書いていましたが、昭和48年(1973) 高石ともや、榊原詩朗、永六輔が核となり、第一回宵々山コンサート開催され、以後、宵宵山という新語が定着していくこととなる。というつぶやきをTwitterで見ました。なるほど、1973年に生まれた新語ならば、わたしが聞いて違和感があるのも納得できます。

カテゴリー: 写真 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">