iPadがやってきた

ipad

iPad(Wifi 32Mモデル)がうちにやってきました。Appleが発表したタブレット型コンピュータです。大雑把に言ってしまうと、大きなiPhone(iPod touch)です。

まず『サイズが絶妙』です。ほどよいサイズ。大きすぎず、小さすぎず。
それに『液晶がきれい』です。iPhoneは液晶がきれいとは言いにくいのですが、iPadはとても美しい。携帯端末としてそれはどうよと言いたくなるほど視野角も広いです。
『動作もサクサク』しています。もったり感が無い。小気味よく動きます。
あとソフトウェアキーボードが思ったより快適に使えます。タッチタイピングができる…とまでは言いませんが、文字の入力が快適です。この文章もiPadで書いています。
それに携帯機器としてはかなりバッテリーの持ちがいいです。動画とかガツガツ見ても大丈夫。

使い方によってはノートパソコンはいらないかなと思える機器です。とても素晴らしい。残念なのはiPhoneもそうですが、基本的にコンピュータの周辺機器の域から脱し切れていないところですかねぇ。単体では使えません。

絵葉書やCDを立てかけるための小さなイーゼルに乗せて机の上に置いています。たまたま持っていたものを活用しているだけですが、twitterやメールを眺めたりするにはちょうど良いです。

購入にあたって予想外だったのは、ビッグカメラのポイントがつかないんですね。これ。だったらApple Storeで買っちゃえば良かったかなぁと思っています。(購入にポイントを使用することはできます)

これにために多く処分したDVDの元は取らないと…と楽しんでいます。ふふふ。

カテゴリー: 雑木話 タグ: パーマリンク

iPadがやってきた への2件のフィードバック

  1. 辻 @ 浜松の大工です。(BS浜松24団)

    おひさしぶりです。
    お元気でお過ごしですか?

    素早い!の一言!ですね。

    使い勝手のレポ、楽しみにしています。

  2. まったりな のコメント:

    お久しぶりです。死なない程度に生きています。ww

    ソフトウェアキーボードにカーソルキーが無いなど、
    使い手側が考え方を変えなくてはいけない部分(カーソルキーではなく画面をタップする)はそれなりにあって、
    そういう戸惑いはありますが、便利に使えています。

    画面の大きさというアドバンテージはすごく大きくて、何やるのも快適なのは良いのですが、
    難点は重いんですよね。これ。スーパーファミコンより重い。w
    片手にもって、電子書籍を眺めるなんて、そりゃ無理だろうという感じ。

    それでも魅力的なデバイスなんですけれど。
    (なんだ、最後はツンデレか?ww)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">