USTREAM 坂本龍一事件

3月14日早朝にUSTREAMで、YMOのコピーバンドが、『坂本龍一についてユルく語ってみよう』というLIVE放送をやっていて、話をしたり演奏したりしていたのですけれど、そこにTwitter経由で坂本龍一本人登場。どの曲でどの楽器を使っていたとか、その曲のテーマに戻るときの始まりはDじゃなくてC#とか、Bの9thの音が…等、なにその個人レッスン状態は?と、かなり興奮して見ていました。(コピーバンドの方は顔がひきつっていましたが…)

すごいなぁ、素人が日本からLIVE放送して、それを作曲者本人がNewYorkで見ていて、演奏についてほぼリアルタイムで指摘したりする時代になってるんですねぇ。あとのほうでは、高橋幸宏までTwitterに登場したりして。ファンにはたまりませんよ。
ネットの未来が現実にやってきたという興奮と、多感な中学生という年代にどっぷりYMO漬けだった自分のタイムスリップが重なって、もう何に興奮しているのかもよくわからない状態でした。ハッピー丸出し!

いろんな意味でプロとアマチュアの垣根があいまいになっているなぁと思いました。受け入れられるものを作ったら勝ちみたいな。理想的で面白い世の中になってきました。音楽もそうですし、テレビ番組もそうですし。だって事前の広報がほとんどないLIVE放送で瞬間ピークの視聴者数が2500人なんてありえないですよ。延べ人数は何人なんだ?

まとめを書いている人がいました。→ Fumi’s Travelblog

カテゴリー: 雑木話 タグ: , , , , パーマリンク

USTREAM 坂本龍一事件 への2件のフィードバック

  1. あるき のコメント:

    これは正に ★事件★ ですなー  こんなリアルなことが・・・・ そして まったりなさんは「時代の証人」となった!!

  2. まったりな のコメント:

    まったく接点が無い人同士…というわけでもなかったようですが、
    いやそれでも、思い返すだけで興奮してきます。むはぁ?。
    (この変態めッ!>ヲレ ;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">