Farcus / Miyauchi Yuri

1983年生まれ。2006年、Rallye Labelよりデビュー・アルバム『Parcage』を、2007年には2ndアルバム『Farcus』をリリース。海外では「ラップトップ世代のアントニオ・カルロス・ジョビン」とも評された繊細なアコースティック?エレクトロニカ・サウンドが各方面より高い評価を獲得。ライブではAu Revoir Simone、I am Robot and Proud、Kyteといった海外アーティストとも共演し、高橋幸宏氏の全国ツアーにもHer Space Holiday、Steve Jansenらと共に参加。2008年9月には野外フェス”センス・オブ・ワンダー”にも出演。また、高野寛+原田郁子(クラムボン)による細野晴臣トリビュート・アルバム収録曲『終わりの季節』のアディショナル・プログラミングを担当する他、映画『きみの友だち』(原作:重松清/監督:廣木隆一)への楽曲提供や東京コレクションでの演奏、CM、WEBサイトへの楽曲制作など、現在その活動の幅を広げている。

(official web biographyより)

何がショックって、経歴を見ても、もちろん音楽を聞いても、ぜったい食らいついているはずなのに、最近まで知らなかったというのがショック。わたしのアンテナも腐り始めたか…。淡々と心地よい音が繰り返され、まるで極上のマッサージを受けているかのよう。リラックスタイムにかなりおすすめ。ちなみに名前(宮内 優里)を見てうっかり勘違いしてしまいましたが、男性です。だからどうこうという話でもないのですが… ;)

Miyauchi Yuri - Farcus

カテゴリー: 音楽 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">